幅広い用途で活用できるワセリン|お手軽ケア術

肌の乾燥を予防

女の人

肌を傷つけやすくしないためにも、乾燥させないようにすることが大切です。ワセリンを使用することによって、肌の乾燥を防ぐことができます。スキンケアの仕上げとして手軽に使用することができます。

詳細へ

赤ちゃんにも使える

ウーマン

ワセリンには黄色ワセリンと白色ワセリンがあります。白色ワセリンよりもさらに肌に優しい、ベビーワセリンもあります。赤ちゃんから大人まで幅広く使用することができるのでとても便利です。

詳細へ

色々な使い方

女性

ワセリンは、ハンドケアや唇のケア、花粉症対策などさまざまな使い方ができます。1つあるだけで、色々なケアができるのでとても便利です。自分の肌質や用途に合ったワセリンを選ぶことが大切です。

詳細へ

使用する際の注意点

クリーム

原油を高純度に精製して作られた保湿剤のことをワセリンと言います。ドラッグストアやスーパーなどでも販売されているので、見かけたことがある人も多いです。肌が乾燥して悩んでいる、というときにワセリンは大活躍します。ワセリンを肌に塗ることで、膜を貼ってホコリや化学物質などから肌を守ることができます。また、肌内部までは浸透せずに表面にとどまるので、自然治癒力を活用して肌を改善していくことができます。天然由来の製品なので、肌が弱い方でも安心して使用することができるのです。赤ちゃん用の商品もあるので、子供から大人まで乾燥対策として活用することができます。

ワセリンを使用するなら、こまめに塗ることが大切です。その理由は、3時間~4時間程度で効果は薄まってしまうからです。しっかりと肌を保護したいなら、気づいたときに塗り直しをしたほうが良いでしょう。また、保管に気をつけることも大切です。天然由来の成分で、防腐剤や酸化防止剤なども含まれていないので、高温の場所に放置していると成分が抜けだしてしまうのです。医療現場で使用されているほど安全性が高いので、基本的にワセリンは副作用がないのですが、若干含まれている不純物が刺激になることもあります。副作用が心配という方は、純度が高いワセリンを使用すると良いでしょう。鉱物油自体が肌に合っていないということもあるので、肌に異常を感じられた場合は、皮膚科の先生に相談してみると良いでしょう。